【Step1.支援事業紹介】支援内容をチェック!

支援 島暮らしへのステップ

「南種子町への移住で、受けられる支援は何があるのか?」事前に知っておきたい情報の1つでしょう。移住されてきた方それぞれで個人差はあると思いますが、新生活を始める際にかかるコストの一部補填に充てたり、自営や起業の手助けとなるケースがあるかもしれません。南種子町が取り組んでいる支援事業の中から、移住されてきた方に向いていると思われる支援事業をピックアップしましたが、分かり易くするための簡略化して掲載しております。詳細については「南種子町例規集」または、「お問い合わせ窓口」にてご確認ください。

掲載の支援事業は、2020年度に基づくものです。

農業・漁業・畜産業

新たに、農業・漁業・畜産業を始められる南種子町民への支援は、下記になります。

新規就農総合支援事業

農業人材力強化総合支援事業

支援対象支援内容
次世代を担う50歳未満の新規就農者年額150万円(※最長5年間)

新規就農就魚者支援対策事業

町単独支援

支援項目支援内容
生活の支援
(※12月を限度とする)
・月額1万5千円(※単身者)
・月額3万円(※既婚者)
農業用機械購入の支援購入価格の1/2以内の額(※上限額40万円)
漁業用機械機具購入の支援購入価格の1/2以内の額(※上限額40万円)
畜産経営の家畜購入の支援購入価格の1/2以内の額(※上限額30万円)

事業の承継

新たに、事業の承継をされる南種子町民への支援は、下記になります。

新規後継者支援対策事業

町単独支援

支援項目支援内容
経営管理の支援パソコン購入価格の1/2以内の額(※上限額10万円)
農業用機械購入の支援購入価格の1/2以内の額(※上限額5万円)
漁業用漁具購入の支援購入価格の1/2以内の額(※上限額5万円)

創業または、事業拡大

新たに、創業するまたは、事業規模の拡大を図る南種子町民への支援は、下記になります。

雇用機会拡充事業補助金事業

特定有人国境離島地域社会維持推進交付金

補助項目補助金額補助条件
創業の補助経費の3/4以内の額(※上限額450万円)経費の1/4以上の自己負担(※上限額に対しては150万円)
事業拡大の補助経費の3/4以内の額(※上限額1200万円)経費の1/4以上の自己負担(※上限額に対しては400万円)
事業拡大の補助(※設備費又は、改修費を伴わないもの)経費の3/4以内の額(※上限額900万円)経費の1/4以上の自己負担(※上限額に対しては300万円)
※不動産(土地・建物)の購入費用は、補助の対象外です。
※10ヶ年計画の事業で2020年度は4年目となります。

移住者の就職

鹿児島県就職情報Webサイト「かごJob」を利用した南種子町の求人に採用され移住し、既に勤務を開始している南種子町民への支援は、下記になります。

移住・就業支援補助金事業

地方創生推進交付金

補助対象補助金額補助条件(※一部)
「かごJob」利用の就職で、移住し勤務を始めている・60万円(※単身の世帯)
・100万円(※2人以上の世帯)
・5年以上、東京特別区に在住
・5年以上、東京特別区に通勤し、条件不利地域を除く東京圏(※東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)に在住
※この補助金はかなり細かい条件設定なので、詳細を必ずご確認ください。
※「かごJob」の求人情報に、常に南種子町の求人があるとは限りません。

移住・定住者の住宅整備

住宅の新築・中古物件の購入・住宅リフォームを実施する南種子町民または、移住希望者への支援は、下記になります。

移住定住促進補助金事業

補助対象補助金額補助条件
・南種子町民
・移住希望者
新築費用の20%・65歳以下の方
・税抜工事費用500万円以上
・上中地区は対象外
・南種子町民
・移住希望者
中古物件購入費用及び、必要な改修費用の20%(※上中地区は10%で上限100万円)・65歳以下の方
・税抜工事費用100万円以上
・上中地区は移住希望者又は、南種子町へ転入後2年以内の町民
・空き家バンク登録物件の所有者
・空き家バンク登録物件の借り主
空き家バンク登録物件の改修費用の50%税抜工事費用50万円以上
上記の補助対象者補助対象物件の同居に中学生以下の子どもがいる場合、1人につき別途20万円加算・上限額の範囲内
・上中地区は対象外
※上記、補助の上限額は200万円となります。
補助対象補助金額
・空き家バンク登録物件の所有者
・空き家バンク登録物件の借り主
空き家バンク登録物件の家財道具等処分費用の2/3以内の額(※上限額50万円)

結婚・出産

結婚した南種子町民や、出産した南種子町民への支援は、下記になります。

結婚祝金事業

支給金額支給条件
20万円・婚姻後に双方が南種子町に居住
・申請時、双方が南種子町に居住
・離婚後、同一人との再婚は不可

出産祝金事業

支給金額支給条件
・10万円(※第1子、第2子)
・20万円(※第3子)
・30万円(※第4子以降)
出産前、3ヶ月以上南種子町に住所を有する

運賃の割引き

鹿児島へ行き来する南種子町民の、運賃が割引きされるカードの発行による支援は、下記になります。

離島航空(船舶)割引カード事業

支援内容カード発行に必要なもの
鹿児島本邦とを連絡する航空機・船舶の運賃割引カードの発行1.顔写真/縦3㎝×横2.5㎝[運転免許証のサイズ](※本人と確認できるスナップ写真可)
2.住所が確認できる身分証明書(運転免許証・健康保険証など)

その他

奨学資金貸与条例

貸与対象貸与金額返還免除
高等学校や大学等に進学予定または、在学しており学業・性行が優良・月額4万円(※大学等に正規在学中)
・月額3万円(※高等学校に正規在学中、自宅通学は月額1万5千円)
・月額8万円(※町長が定める専門資格取得の進学をし卒業後、南種子町に居住し就労)
・農業に関する大学等を卒業後、南種子町で農業を就労
・町長が定める専門資格取得の進学をし卒業後、南種子町に居住し就労

放課後児童健全育成事業

小学1年生から小学6年生を対象に、放課後や長期休暇中に保護者が児童を保育できない場合、適切な遊びや生活の場を与え、その児童の保育を行う。

子ども医療費助成事業

助成対象助成内容
18歳に達した最初の3月31日まで・支払った保険医療費の個人負担額の全額
・付加給付や高額医療費の支給分を控除した額

離島地域不妊治療費助成事業

特定不妊治療に係る通院や、現地滞在等に要する経費の一部を助成。

浄化槽設置補助事業

補助項目補助金額
小型合併処理浄化槽設置の補助・33万2千円(※5人槽)
・41万4千円(※6~7人槽)
・54万8千円(※8~10人槽)
※単独浄化槽から合併浄化槽に替える場合、撤去費用9万円を上限として加算
※種子島には、下水道インフラはありません。

学校給食費完全無償化事業

支援対象支援内容
・南種子町内の小・中学校に通学
・南種子町に住所を有し町外の特別支援学校に在籍
学校給食費を完全無償化
※申請が必要となります。

「南種子町例規集の要綱」は、正確にまとめられ根幹を成すものなので、これを読む以上の詳細確認はないのですが、文面が「分かりづらい」「読みにくい」と思われる方も多いと思います。下記の「各、お問い合わせ窓口」にてご確認ください。

各、お問いわせ窓口

お問い合わせ窓口

【新規就農総合支援事業】【新規就農就魚者支援対策事業】【新規後継者支援対策事業】
南種子町役場総合農政課 農業再生対策係
0997-26-1111(内線:314・315)

お問い合わせ窓口

【雇用機会拡充事業補助金事業】【離島航空(船舶)割引カード事業】
南種子町役場企画課 企画開発係
0997-26-1111(内線:171・172)

お問い合わせ窓口

【移住・就業支援補助金事業】【移住定住促進補助金事業】【結婚祝金事業】
南種子町役場企画課 観光経済係
0997-26-1111(内線:173・174)

お問い合わせ窓口

【出産祝金事業】【放課後児童健全育成事業】【子ども医療費助成事業】
南種子町役場保健福祉課 福祉年金係
0997-26-1111(内線:135・136)

お問い合わせ窓口

【奨学資金貸与条例】
南種子町教育委員会管理課 庶務係
0997-26-1111(内線:223)

お問い合わせ窓口

【離島地域不妊治療費助成事業】
南種子町役場保健福祉課 健康保険係
0997-26-1111(内線:131・132)

お問い合わせ窓口

【浄化槽設置補助事業】
南種子町役場保健福祉課 環境衛生係
0997-26-1111(内線:133)

お問い合わせ窓口

【小・中学生の給食費完全無償化事業】
学校給食センター
0997-26-1767
0997-26-6177

南種子町役場庁舎内の各課の配置は、下記の記事をご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました